Now Loading...

中医研

中医研薬局

薬局通信

~生活に役立つヒント~

おいしい薬膳

あさり

あさり

潮干狩りのシーズンですね。潮干狩りは『春』の季語だそうです。
漢方では、『春』は「肝」と関連づけられる季節といわれています。
「肝」は、「気」の流れをよくして、身体の栄養成分である「血」を各臓器に配る働きをしています。
「肝」の働きが悪いとイライラ、のぼせ、気持ちがふさぎこむ、など落ち着きがなくなります。
‘あさり’は、体の熱をさまし余分な水分の排出を促し、血を補う働きや精神を落ち着かせるともいわれています。
この時期に食材としていかがでしょうか?
気のめぐりがスムーズになります。

味噌汁

貧血気味な方にも…
‘あさり’は鉄分や亜鉛、タウリン、ミネラル、ビタミンB群など多くの栄養素を多く含んでいます。
特に悪性貧血を予防するために必要なビタミンB12が含まれています。
ビタミンB12は水溶性のビタミンなので、汁ごと召し上がれるスープや、消化吸収を助けるキャベツなどと一緒に蒸し料理にして召し上がるのがおすすめです。

ページのトップへ戻る